HOME

お知らせ

新型コロナウイルスの影響で生活にお困りの方に対する総合支援資金(再貸付)のご案内

―新型コロナウイルス感染症の影響により、緊急小口資金及び総合支援資金の特例貸付の利用が終了された皆さまへ―

緊急小口資金及び総合支援資金の特例貸付を利用が終了した上で、生活にお困りの場合、生活困窮者自立相談支援機関による支援とともに、総合支援資金の再貸付を行います。

■対象世帯
 次の要件をいずれも満たす世帯
  ア令和3年3月末までの間に、緊急小口資金及び総合支援資金の貸付が終了した世帯
  イ再貸付の申請前に自立相談支援機関による支援を受けること
■貸付上限額
 ・複数人世帯の場合20万円以内/月×3ヶ月以内
 ・単身世帯の場合15万円以内/月×3ヶ月以内
■受付期間
 ・令和3年2月19日(金)より、全国で受け付け開始
 ・令和3年3月末まで受付

詳しくは下記リーフレットをご覧ください。

社会福祉協議会(社協)は、社会福祉法第109条に基づき、地域福祉の推進を図ることを目的として、全国、都道府県、市区町村を単位に設置された民間社会福祉団体です。
市民一人ひとりが主人公となる福祉のまちづくりを進めるため、地域住民やボランティア、福祉・保健等の関係者、行政機関などの協力を得て、次のような事業を行っています。

主な実施事業

  • 社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
  • 社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助
  • 社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
  • 上記のほか、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業

事業の詳しい内容はこちら

錦帯橋を車いすで渡ろうプロジェクト



錦帯橋を車いすで渡ろうプロジェクトとは、身体的な理由で錦帯橋を渡れない高齢者や障害者の渡りたいをカタチするための、当事者(車椅子ユーザー)×行政×社協の官民協働による取り組みとしてスタートしたプロジェクトです。